otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

メルカバルナ 税務署の捜査、20社に及び、年間約1億ユーロ脱税の疑い。

|


税務署がメルカバルナに入っている、魚介の卸会社の脱税疑惑で捜査。 捜査の手は20社に及び、年間で約1億ユーロの脱税か。


3月10日から始まった、メルカバルナに入っている魚介類を扱う卸会社が実際の売り上げを粉飾して、少なく見積もり、脱税を行っていた疑いで税務署の捜査のメスが入った。 捜査に参加した税務署員は合計106名に及び、20社が捜査対象になった。 捜査は現在も続いており、少なくとも今日の夕方までかかると発表された。


現地の目撃者によると、自治州警察も捜査に協力しており、メルカバルナ内は異様な緊張感に包まれているとのこと。


関連記事

バルセロナ・メルカバルナ、魚市場で、20の会社に脱税疑惑

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。