otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン インターネット上の違法コンテンツへのアクセスは全体の60%

|


マーケティング会社GFKによると、スペインのインターネット上の違法コンテンツへのアクセスが、2013年に51%、2014年に58%と、年々増加傾向にあると発表した。


2014年には、違法コンテンツへのアクセス数が44億5500万あり、これは、232億6500万ユーロの市場価値だった。


違法コンテンツへのアクセスのうち、

38%が映画コンテンツ

26%がドラマ

24%が音楽コンテンツ

18%がサッカーであった。

11%がゲームソフト

11%が書籍


違法コンテンツへのアクセスに電子マネーを払っている人は46%で、理由は快適なアクセスを望めるから。 支払わない人は、面白いかどうかわからないからという理由で、39%にのぼる。 また、違法コンテンツへアクセスしている人のうち、19%は「誰にも迷惑をかけていない」と感じている。


去年の音楽コンテンツの内訳で、18億3100万コンテンツにアクセスが確認され、市場価格で、67億7300万ユーロ、音楽コンテンツの全体の売り上げが、3億8600万ユーロであったことから、10%未満の消費者が合法で音楽コンテンツにアクセスしていることになる。


この他、映画のコンテンツには8憶7700万アクセスがあり、61億3900万ユーロの市場価格。 この内1億400万ユーロの売り上げ。 36%が違法コンテンツにアクセス。


ドラマでは、10億3300万話が再生され、17億5500万ユーロの被害。


書籍類では、3億3500万の違法アクセスがあり、26億8000万ユーロの被害。


ゲームソフトでは、2億4000万の違法アクセスがあり、54億900万ユーロの被害。


インターネットユーザーの18%が不正アクセスを通じてサッカー中継を閲覧し、わずか6%が合法的にアクセスした。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。