otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

ラ・カイシャ財団会長ジャウメ・ジロ 、FCバルセロナのジョセップ・マリア・バルトメウ会長、元バルセロナトレーナーヨハン・クライフ氏

|


FCバルセロナのジョセップ・マリア・バルトメウ会長、元バルセロナトレーナーヨハン・クライフ氏と、ラ・カイシャ財団会長ジャウメ・ジロらは、バルセロナのソナ・フランカにある、セイプ・セアット学校でパティオ14プロジェクトを発表した。



FCバルセロナ財団とラ・オブラ・ソーシャル・ラ・カイシャがクライフのパティオ14プロジェクトに参加し、そのプロジェクトの目的は、カタルーニャ州内にある学校のうち10校を選び、その校庭をスポーツ促進のために改造してあげるというもの。 


この発表会でクライフ氏は、「サッカーの試合において、1-0より、4-3のほうが良い、この校庭132番は私たちのプロジェクトだ。 子供たちがスポーツをしてほしいと思っている。 これは、体力づくりだけに限らず、スポーツをすることが出来るオプションが増えるということだ。」


また、バルトメウ氏は「バルサの会長になるのはとても美しいことで、とても楽しいことだ。 しかし、そうなるためにはたくさん勉強しなければならない。 私たちのチームはリーガとチャンピオンズに勝つためとても努力をしている。 今後何が起こるか待たなければいけないけども。 バルサにとって、スポーツや若者のアクティビティに貢献することは重要なことだ。 子供たちが健康で、良く躾けられ、厳しく、個性的に育ってほしいと思う。」



コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。