otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

人間関係を良好にするといわれる”オキシトシン”の別の用途が明らかになる。

|


北アメリカの研究所によると、ホルモンの一種オキシトシンを男性に使用すると、摂取カロリーの抑制につながると発表した。


アメリカ、サンディエゴで年に一度行われている内分泌学会において、実験により、オキシトシンを使用すると、食事のカロリー摂取量が減少する、と発表した。

さらに、研究者たちは、メタボリズム(新陳代謝)も上がったと公表。


ボストンのハーバード大学薬学科助教授で、研究主任であるエリザベス・ローソン女史は、「私たちの研究結果は感動的なものです。」と語り、今後肥満治療に役立つと語った。



今回行われた研究の被験者たちは、健康な27歳くらいの男性たち25人で、そのうち13人は標準体重で、他12人は肥満体質であった。 そして、二種類のスプレーを用意し、一方はオキシトシン入りのスプレー、もう一つは何の効果のないスプレー。


これをランダムに男性たちに摂取してもらい、一時間後に通常の二倍の朝食をとらせた。 


その後、研究者たちは全ての被験者の摂取カロリーを測定。


次に、もう一度同じ実験を行った。 ただ違うのは、前回オキシトシン入りスプレーを摂取した被験者は今回は、何の効果もないスプレーを摂取させたというところ。


研究者によると、朝食の量は同じであったが、研究結果によると、平均して122カロリー、約9グラム分のカロリー摂取を抑えられたと確認した。


この実験による重大な副作用はなかった。


女史は、「当然のことながら、オキシトシンはホルモンの一種であり、研究は女性も被験者にしなければならない。 これにより、男女でどのような結果が出るか長い研究が必要になる」と語った。


ソース元

Investigan un 'spray' nasal de oxitocina que reduce la ingesta de calorías en hombres sanos 

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。