otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

住宅価格指数6年ぶりに上昇 スペイン

|

本日、スペイン国立統計局(INE)が住宅価格指数を発表した。 この情報によると約6年ぶりに上昇したことが分かった。


住宅価格指数は、住宅価格の動向を表す重要な指数の一つであり、個人消費の影響を受けるため、国内の景気動向をみるうえで重要な指数である。


INEによると、約6年ぶりに上昇した。 2013年と比べると0.2%の上昇であった。


この中で、セウタは-1.0%と大きく落ち込み、マドリードは0%で変わらず。 カンタブリアが1.3%と大きく上昇。 カタルーニャは0.6%の上昇であった。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。