otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

卵子凍結保存、60%増

|


バルセロナで開催された、第二回ソーシャルエッグフリージング国際シンポジウムに出席した、エウジン・クリニックのアメリア・ロドリゲス院長は、この1年で卵子の凍結保存を選択する女性が60%増えた、とヨーロッパプレスが伝えた。


38歳独身女性(大学を卒業、現在は働いている。)は「卵子を凍結するのに適しているのは30歳から37歳。 ただ、これは平均値を下げるというオプションにすぎないという事を知っていただきたい。」


卵子凍結保存にかかる費用は、約1900ユーロ。 このサービスを受けるのは、恋人がいない女性が大半で、92%が独身女性であると発表。


また、22%が医療専門家の女性で、14%はコミュニケーションやマーケティング等の仕事をしている女性。 彼女らの大半は4年後に凍結卵子を利用する。


シンポジウムに参加した13カ国、320人の専門家のうち、83%が卵子凍結保存を、社会的理由から支持。


また、費用に関しては、72%が個人負担とすべきとし、6%はアップル社や、フェイスブックが行ったように会社負担にすべきと回答した。


ソース元

Aumentan un 60% las mujeres que congelan sus óvulos para aplazar la maternidad 

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。