otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

頭が良くなる食材TOP10

|


臓器の一つである脳。 体重の2%しかないにもかかわらず、人間が一日に消費するグルコースの20%を消費します。 グルコースとは、いわゆるブドウ糖で、動植物が活動するためのエネルギーとなる物質の一つです。 これを踏まえると、毎日摂取する食事は、私達の精神面に多大な影響を与えると言えそうです。


もし朝食を抜いたり、毎日の食事を抜いたりした場合、ブドウ糖が不足しがちになり、それは脳を痛めつける事につながります。 脳を何時も働かせ、最適な栄養素を随時供給するためには、一回の食事の量を減らし、一日の食事回数を増やすべきでしょう。


脳に栄養がよく行き渡っていれば、疲労改善、集中力向上につながり、毎日の生活をより豊かにしてくれます。


コロンビアのソデクソ医療・福祉プログラムコーディネーター、アドリアナ・ルイスが、この臓器に良い栄養素はなにかを研究発表しました。


脳は、グルコース、ブドウ糖が必要ですが、特に野菜、シリアル、果物、ジャガイモ、バナナ、キャッサバ、乳製品等に上質な炭水化物が含まれているとのこと。


他にも脳を活発化させるための食材があり、ミネラル、各種ビタミン、プロテイン、十分な水分です。 少なくとも一日8杯の水を摂取する事が推奨されており、仕事の種類などでは、それ以上の水分摂取が必要とされています。


認知能力改善のため必要不可欠な脂肪酸もあります。 それは多価不飽和脂肪酸というもので、いわゆるオメガ3といわれるものです。 これは、魚、大豆、乳製品、ブロイラーでない鶏の産み落とす玉子等は、オメガ3が豊富といわれています。 また、ケーキやクッキーなどもオメガ3を含有しているとのこと。


ビタミンBも脳を活性化させるのに有効で、特に学生等は必須です。 これは、乳製品、ヒマワリの種、ゴマ等に豊富に含まれています。


ビタミンCは、脳溢血等の危険性を和らげてくれます。 グアバ、マンゴー、苺等に多く含まれています。


マグネシウムは記憶力向上に寄与し、くるみ、フダンソウ(acelga)、ホウレンソウ等に多く含まれています。


脳が喜ぶ食材TOP10


1.亜麻仁(Linaza) 良質な油を多く含み、脳の働きを助けます。

2.卵 身体を形作るのに必要不可欠な食材。 脳を形作るのにも必要。

3.トマト リコピンが豊富に含まれていて、酸化防止作用により、様々な病気から守ってくれます。 特にアルツハイマーに効果がある。

4.かぼちゃの種 亜鉛を豊富に含有。 記憶力向上に効果があり、毎日一つかみ分を摂取するとよい。

5.チリ ビタミンCを多分に含んでいて、ミカンより多いとのこと。脳機能向上に最適。

6.魚 神経システム等に良い影響があり、オメガ3を多く含まれています。 脳のネットワークの早さ向上に寄与するとのこと。

7.ブルーベリー 抗酸化物質が豊富に含まれていて、脳の健康に良い。 

8.カカオ 通常チョコレートに使われているカカオでは量が少ないので、ブラックチョコレート、特に75%チョコレートを食べるのがよい。

9.ナッツ類 ビタミンEが豊富。 また良質な油を多く含む。 くるみ、ピーカン、アーモンド、ピーナッツ等がよいとのこと。

10.ブロッコリー ビタミンK、ビタミンC,抗酸化物質、ビタミンK等を多く含んでおり、老人性認知症を防いでくれるとのこと。


有害なもの

 脳機能向上を目指すのであれば、有害な食材の接種を避けるのも重要です。 例えば、揚げ物や、ソーセージ類、牛肉や、牛乳等はなるべく避けたほうがいいとのこと。 また、精糖等は、人間の神経系統に悪影響を及ぼすとされ、既製品のケーキ、甘いもの、ソースなどに含まれる炭水化物は体内に短時間に吸収されるため、避けたほうがよいとのこと。


ソース元

Diez alimentos que mantienen tu cerebro en forma

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。