otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

モバイルワールドコングレスの影の部分

|


9万人の来場者、2千のスタンド、4千人のジャーナリストたち、4億ユーロの経済効果。

大成功であったと誰もが疑わない。 しかし、この見本市の影の部分を明らかにしなければならないだろう。


今回の見本市に出展していた企業の中に、売春宿などのパンフレットが一緒に挟み込まれていた。 さらに、見本市の出入り口でも女性が売春宿などのフライヤーを配っていた。


カタルーニャ青年団体(JSC)のメンバーがデモ行進を行い、最終的には1000人以上で”Real men do not buy girls”-真の男なら、女を買わない-と行進するに至った。


JSC副委員長アランチャ・カルベラ女史は、「出展者たちにはもっと関心を持ってもらいたい、売春の裏になにがあるのか。 人身売買や、基本的人権の侵害があるのだと。」と語った。 「バルセロナとカタルーニャ州は、この数年の間ヨーロッパの売春宿に成り下がってしまった。」と遺憾の意を表した。



「バルセロナ市役所は、大きなイベントの主催者たちに対し、このようなことが起こらないように注意するべきで、再発防止のため、主催者たちが責任をもって対応させるようにしなければならない。」とし、「JSCが行っているのは、実際には市役所が対応しなければならないことである。 イベント開催中に、ゼロ売春宿というキャンペーンを実施するべきだ。」と締めくくった。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。