otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

刀を使い、妻を殺害しようとしたルーマニア人男性逮捕

|


タルーニャ州自治警察の情報によると、バルセロナ、ビラ・オリンピカで、男性が妻を刀のような刃物で切り付け殺害しようとした疑いで逮捕された。


木曜日、当局の情報によると、容疑者はルーマニア人34歳男性で、武道のエキスパートであり、幾つかの刃物が押収された。


被害者は頭部や、腕などに刃物での切り傷を負い、血だらけの状態で警察に発見された。 被害者は、近隣住民がモッソスエスクアドラ自治警察に、「喧嘩しており、叫び声や、殴り合いの騒音がする」と通報したおかげで逃げ延びることができた。 また、近隣住民も加害者と被害者の間に入り、彼女を遠ざけようと試みたものの、男は彼女を離さなかった。


事件は水曜日20時頃起こり、暴力事件を起こした後、警察の呼びかけを拒否しマンションに立て籠った。 


男性は非常に興奮している状態で、警官たちのいる前で、通りにものを投げつけるなどの危険行為を繰り返した。 剣の鞘や、皿、衣類等を投げつけ、通行人にけが人が生じる危険があり、警察は通りを通行止めにし、消防団と一緒に強行突入した。


警察は突入前、エレベーターを停止させ、住民が男性のマンションに近づかないようにし、爆発等しないよう、ガスを止めた。


突入後、男性は全身血だらけでベッドに裸で横たわっていた。 警察は、手錠をかける前に男に服を着るよう指示した。 服の下にはマチェテ(山刀)が隠してあった。


男性は傷害致死罪の現行犯で逮捕され、裁判所に拘留されている。


ソース元

Detenido por intentar matar con una catana a su mujer

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。