otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

病気、障碍者のうち、3分の1は精神病が原因(OECD)調べ。

|


経済開発協力機構(OECD)の調べによると、病気、もしくは身体障害のうち35%から40%が精神的なものだということが分かった。


OECDが3月4日に発行した”Fit Mind, Fit Job”によると、人口の20%が精神病に苦しんでおり、二人に一人は症状が悪化し、一生苦しむことになる可能性がある。


この種類の病気は、日に日に数を増しており、この病気に対する取り組みの経費はヨーロッパ全体のGDP3.5%に匹敵すると発表した。


この状況を踏まえ、OECDは医療関係者と企業家たちに対し、症状が悪化する前に対策を立てるよう警告を発した。


「精神疾患の問題はとても高くつく。 個人にも、家族にも、そして経済的にもだ。」と、OECD事務総長アンヘル・グリア氏は語る。「この問題を解決するためには政治家がリーダーシップを取り、構造改革を実行していかなければならない。」とグリア氏。



コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。