otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

ヨーロッパに住む女性70%が、一日あと4時間必要と答えた。

|

イプソス社がヨーロッパの主要都市マドリード、クラクフ、マルセーユ、パリ、ワルシャワに住む女性にアンケートを取ったところ、約67%が一日にするべきこと、もしくはしたいことをするためには、一日多くてあと4時間必要だと答えた。



マドリードの女性に関していえば、平均して3時間14分必要だと答えた。(パリでは、2時間36分) 子供がいる女性は、3時間54分必要と答え、子供がいない女性は2時間57分必要と答えた。


調査結果によると、5つの歳で、女性の方が家事に関して多くの責任を押し付けられているとし、78%の女性がすべての家事を行っていると感じている。


また、育児では73%の女性が責任を負っていると感じており、64%が買い物をしなければならないと感じている。


この調査によると、平均して83%の女性が都会で生活するということは、人生の自由さを感じている。(マドリードは88%)


マドリードでは、男女差別がないと考えている女性は76%。 5都市平均は72%


都市生活をより良いものにするには、という質問には、汚染が73%、次いでストレスが62%となった。 


女性たちは、大都市で中心街が一つしかない都市よりも、衛星都市型を望んでいる(74%)


マドリードの女性たちは都市は、田舎に比べて、94%が「医療サービスが良い」、92%が「仕事を見つけやすい」、90%が「公共サービスへのアクセスが容易」、78%が「教育を受けやすい」、74%が「食料品を買いやすい」、68%が「公共交通機関が充実している」と答えた。


しかしながら、ヨーロッパの女性達49%約半数が、田舎でも都会でも等しく教育を受けることが出来ると回答している。


ソース元

El 70% de mujeres europeas pide hasta casi 4 horas extras para realizar sus actividades diarias

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。