otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

藻谷 浩介日本総合研究所調査部主席研究員とクリスティアン・フェルベル・ビエナ大学教授がカサ・アシアにて講演会開催

|

DSCN0148.JPG


発売三カ月で16万部を突破した里山資本主義の著者藻谷浩介日本総合研究所調査部主席研究員と、2008年よりビエナ大学で教鞭を振るうクリスティアン・フェルベル教授が、三月三日カサ・アシアの主催で講演会が開かれた。



DSCN0139.JPG


全く違った文化と歴史で育った両氏が、現在の資本主義の行き詰まりを指摘するも否定はせず、もう一つの資本主義の在り方を説き、いかにして公益の追及を目指すのかが論点。 里山資本主義での通貨の在り方や、現行の資本主義における企業の競争原理を、協力原理に代え、社会に存在しているという所属感を高め、社会に対する公益を最大化する事の大切さを講演会で発表しあった。



講演会は盛り上がり、18時に開催され、20時頃終了した。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。