otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

ジョルディ・プジョール元州知事の娘、証人喚問

|


ジョルディ・プジョール元州知事の娘、マルタ・プジョル・フラウソラ女史が証人喚問を行った。


その中でマルタ女史は、1996年に4年契約を行った、契約延長が普通ではなかったことに対する、汚職を追及する議員たちの質問に、「私が働いていた期間、誰も私のプロフェッショナルな仕事に対して疑いを持ったことはなかった。 このようなことが起こっているのは、別の理由だろう。」と回答。


1996年にサン・ビセンス・デ・モンタルト市での契約時のいきさつを、「彼らは建築家が必要で、私のところに来た。 その時に面接をして、私を契約した。」語った。


その時、彼女を建築家としてというよりも、相談役として市の1万人の人口に対してサービスを行っていた。


彼女は1987年から現在まで、サント・アンドレウ・デ・リャバネレス(バルセロナ)で似たような仕事をしており、CIUやICV、PPとも働いた事がある。


カタルーニャ共和主義左翼(ERC)のオリオル・アモロス議員の質問に、マルタ・プジョル女史は1987年に建築家としてのライセンスを取得、その後1988年から1997年の間、州政府の仕事12件を請け負った。 それらは公共事業によるものだった。 また、それらは全て、法律的に問題はなかったと答えた。


プジョルの娘は、ジョルディ・プジョール氏が州知事であった時期にカルデーニャ市の補助金の修正等の研究に携わり、カレリャでは102件、その他の市でも72件、バレアスでも研究に携わった。


さらに、サンクガット、ビラフランカ、バルセロナ、リャバネレスでCAP(初診するだけの病院)の建築家を務め、サンビセンス・デ・モンタルトでは、公民館の建設も任された。


女史は、これら公共事業で得た利益は全体の20%とし、私企業と仕事をしたほうが多かったと語った。


女史は、1999年にこれらの公共事業についてすでに説明しており、今回の証人喚問で再び説明しなければいけない状況を「もうこの件について話し合いは既についていたと思った。」と揶揄した。


女史は、州知事の娘という理由で癒着があったと疑われているが、ライバル政治家が邪魔をするときもあり、彼女の苗字はしばしば仕事を探すうえで障害になったとも語り、「私は一建築家であり、それは私の苗字よりも重い意味を持つ。」と締めくくった。



アンドラ公国への旅行に関して、女史は「一度だけスキーをしに行った、お金が入ったバッグなど持って行ってないし、戦車も、ピストルも持って行かなかった。」と語った。


アルトゥール・マス州知事との交友関係に関して、「兄はそうだったかもしれないが、私は彼との交友関係はなかった。」とし、現在の州政府との癒着も否定した。 

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。