otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

保健省、各自治州代表達とC型肝炎に関して話し合う。

|


保健社会政策・男女共生大臣アルフォンソ・アロンソ氏は、この月曜日に各自治州代表と会議を行い、C型肝炎の新薬を購入する資金7億2700万ユーロをどのように捻出するかを話し合う。


今回の会議は非公式で行われる予定で、各自治州代表に対し、現在のC型肝炎患者の90%を治療できるとされる新薬の購入費用を、中央政府としてどのようなオプションがあるのか模索する予定だ。


大臣によると、現在スペイン国内には9万5千524人がC型肝炎と診察されている。 この内、半数以上の5万1964人に新薬を投与する予定で、彼らの肝炎の進行度はF2からF4。 これは、肝硬変や、肝臓がん等の危険性がある患者たち。


新薬の購入費が非常に高く、保健省は製薬会社に対し再交渉を行った。 それによると、24週間以上治療する期間が長引いた場合、それ以降の新薬料は払わなくてすむ。


現在のところ、一人の患者に掛かる医療費が4万3千500ユーロほどだったのが、1万3千900ユーロまで下がる見込み。


コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。