otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

空港の手荷物検査強化

|


先週日曜日から、ヨーロッパ全土で発効された新しいセキュリティ基準により、空港の手荷物検査が強化された。


この日曜日から航空機利用者は、手荷物の検査を強化させられる。 これは3月1日より空港・航空管制公団(AENA)が1700万ユーロをかけて欧州の基準を採用する。 


今回の手荷物検査を強化した目的は、手荷物に隠されてあると思われる爆発物を事前に発見する為、またノート型パソコン、ドライアー、カメラ、玩具などが検査対象になることもある。


コントロールの待ち時間が長くなる可能性。


検査対象となる電気製品が、カメラ、ビデオカメラ、パソコン、携帯、ウォークマン、CDウォークマン、計算機、玩具の電池、ドライアー等になるため、コントロールの待ち時間が以前より長くなる可能背があり、AENAは乗客たちに対し、時間の余裕をもってコントロールを通過するよう呼びかけている。 


AENAのフェルナンド・エシェガライ・ディレクターは、「検査は抜き打ち検査になる可能性もある。」と語った。


液体に関しては以前と同じ。


液体の持ち込みについては、以前と変わらず、スプレー類は持ち込み禁止、液体・クリーム・ジェル等は100ミリリットルを越えるものも持ち込み禁止。 液体類は、透明なプラスチック袋の中に入れなければならなず、1リットルを超えてはいけない。


ソース元

Los aeropuertos españoles reforzarán las medidas de seguridad en los equipajes de mano 


コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。