otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

国民と中小企業に第二の機会を支援へ。閣僚会議

|

santamaria553643_1.jpg

先日代議院で行われた討論会にて、マリアノ・ラホイ首相が発表したように、返済が困難な借金を抱える個人、及び中小企業を支援、救済する政令を閣僚会議で承認された。 いわゆる”第二の機会法”と呼ばれている。


この”第二の機会法”は、既にヨーロッパの他の国で実施されており、フランスでは、要件がそろえば、資本財がすべて売られたときに、借金から自由になることが出来る。 現在ではこのようなことが起こらない。 すべてを失ったとしても借金は返し続けなければならない。


この新法は、今のところ担保ローンは対象外である。(Hipotecarias)



また、ラホイ首相が討論会にて発表していたその他の政令に関しては、最初の社会保険料500ユーロの支払い免除や、片親の家族、障碍者への救済小切手の適用範囲の拡大が盛り込まれている。


プラン・ピヴェ7(車購入支援基金) 基金が1億7500万ユーロに拡大。


裁判料金の引き下げや、審理の法律の変更等も盛り込まれている。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。