otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

検察、FCバルセロナ会長をネイマール選手取得に関する脱税疑惑で起訴

|


本日、ホセ・ペラルス検察官は、連邦最高裁判所パブロ・ルス裁判官に、FCバルセロナ・ジョセップ・マリア・バルトメウ会長を、ネイマール選手獲得時に脱税をした疑いで起訴するよう求めた。


ホセ・ペラルス検察官が、ルス裁判官に宛てた通知書には、2014年1月30日のネイマール選手獲得の際に、500万ユーロのお金が、バルサのチームから、会長のサイン付で支払われていることから、バルトメウ会長が脱税行為に関与した証拠があり、疑いの余地がないと書いてある。


前回、2月13日に会長がルス裁判官の前で証言した際、バルサの所得税が実際には260万ユーロであったのに対し、130万ユーロしか払われなかった事に関し、自身の責任の居所を曖昧にし、会計相談者、もしくは執行部のせいにしていた。


検察側は、バルサが2014年に支払わなければならない所得税が、選手取得のコストを下げることによって195万ユーロを脱税したとの疑いがあるとしている。 そして、すべての資金の流れを会長は知っていると考えている。


元バルサ会長ロセルは、ネイマール選手取得に掛かった費用を5700万ユーロと報告した。しかし、裁判所の調べでは、バルサがネイマール選手に実際に支払った契約金は9489万2181ユーロであった。


検察庁では、ロセル元会長がネイマール選手取得の際の実際のコストを隠ぺいしたと考えている。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。