otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

カタルーニャ 180万人の市民が貧困状態。

|


カトリックのルイス・マルティネス・シスタック枢機卿はFOESSA財団が2013年にリサーチした情報をもとに、カタルーニャには185万5千人が社会から切り離された生活を強いられており、57万戸以上の住居が不足していると発表した。


このうち68万6千人(全体の37%)は特に深刻な状況で、20万戸の住居が必要。 緊急の対策が必要とのこと。 


タラゴナ司教会議の情報によると、この研究のコーディネーターフランシスコ・ロレンソは、貧困状態の人たちのうち3人に2人は、経済危機が起こる前にすでに存在していたと公表。


2008年から2012年、カタルーニャ州における、不平等さは5.4%上がったが、他のスペインの自治州では8.6%であった。


研究結果によると、他の自治州よりは若干少ないものの、深刻な状況に置かれている人口は、カタラン人のうち9%に上る。


カタルーニャ州の貧困層の10人のうち4人は仕事の関係で、そのような状況に置かれている。 10人のうち1人は、社会組織から離れて暮らしており、10人のうち3人は、居住地の影響を受けている。


社会から切り離された住民は失業を生み、不法占拠を生み出し、不安定な職などに就く危険性がある。 特に18歳未満でこの危険性が高まる傾向がある。


タラゴナのカトリック系大学教授、アンヘル・ベルズネギ氏は、「仕事をしている15%の人は、貧乏だ。 仕事があるからと言って、貧困層ではないとはもはや言えない。」


「貧困問題は、徐々に広がり深くなっている。 社会不適合者の問題は、カタルーニャの社会、雇用、住まい、医療にさらに影響を与えている。」と締めくくった。


ソース元

1,8 millones de personas viven en situación de pobreza en Catalunya 

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。