otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

5万2千人のC型肝炎患者のために7億2700万ユーロを計上する予定。

|


保健社会政策・男女共生省はスペイン国内にてC型肝炎と診断されている9万5千524人のうち、5万2千人に対し次世代経口新薬を使用した治療が受けられるようにするには、約7億2700万ユーロが必要だと伝えた。


保健社会政策・男女共生大臣アルフォンソ・アロンソ氏はこのように語り、C型肝炎に対する国家戦略を表明し、財務大臣がこの先3年で費用を捻出する約束をした。


来週月曜日、自治州と会議を行い、計画を発表する予定で、この新薬を開発した製薬会社との契約のコンディションを説明する。


しかしながら、患者たちは治療を”今すぐ”必要としていると、この計画のリーダーであるジョアン・ロデスは語った。


関連記事

肝炎患者が病院に立てこもり。 新薬を求める。

C型肝炎患者団体、次の土曜日にマドリードでデモ

医療品工業協会理事会はC型肝炎に関する国内の戦略プランに協力する

C型肝炎患者団体は、次の月曜日に前保健大臣アナ・マトに対して訴訟を起こすと発表した。

公衆衛生保護協会(La Asociación para la Defensa de la Sanidad Pública)は、C型肝炎専門家委員会の独立性に疑問を呈す

スペインC型肝炎患者団体、欧州議会でプレゼン

「C型肝炎治療薬ソバルディ(ソフォスブビル)の価格は下がるだろう。」C型肝炎治療薬を開発したレイモンド・スナチ氏(C,Raymond Schinazi)

“世界の医療団”はC型肝炎新治療薬ソフォスブビル(商品名ソバルディ:ギリアド社)の特許取得に対し、抗議文を欧州特許庁に提出した。


ソース元

Se destinarán 727 millones para tratar a 52.000 pacientes con Hepatitis C 

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。