otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

ラポルタとロセル、ラ・マシアの未払いの工事費の裁判で出廷予定

|


FCバルセロナ前会長ジョアン・ラポルタ氏と、サンドロ・ロセル氏が、来週月曜日にMSMグループ企業が施工した、新しいラ・マシアの設備に関する工事費の未払いの件で出廷する予定で、MCMが要求しているのは1億ユーロ。


カタルーニャ州高等裁判所の情報によると、裁判は来週月曜日から開廷される予定で、裁判番号25で、ジョルディ・モッシュ理事会会長兼会計担当、バルサ前会長のジョアン・ラポルタ氏とサンドロ・ロセル氏が出廷する予定。 また、証人としてMCMグループの幹部ジョアン・オリベ氏と、ハビエル・ファウス氏、アントニ・ロシック氏、ソル・ダウレリャ氏も出廷する予定。


来週火曜日、FBバルセロナの証言の番で、ラウレント・コレット氏、ミゲル・ベルトラン氏、アントニオ・マルティン・アントリ氏、エンリク・アグイレラ・クチージョ氏が出廷する。 水曜日は、専門家の意見を聞く予定で、順調に事が運べば3月6日に結果が分かる。


2013年にMCMグループは、FCバルセロナのカンテラが使っている新ラ・マシアの新しいファサードにLEDのパネルを施工する契約を結んだと発表。 MCM側の計算によると、バルサは年間4000万ユーロ(約53億5千万円)を払わなければならないと発表している。


ソース元

Laporta y Rosell declararán en un juicio por la explotación comercial de la Masia 

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。