otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

連邦最高裁判所、”タルヘタ・ブラック”に関して新たに37人の元幹部を召喚

|

cajamadrid58149.jpg


連邦最高裁判所フェルナンド・アンドレウ裁判官は、財政的に不透明な”タルヘタ・ブラック”を、1999年から2012年の間に合計約1550万ユーロを個人的な理由で使用したとして、3月9日から13日までの間に新たに37人のカハ・マドリード銀行とバンキア銀行の元幹部を召喚すると、裁判所の情報筋が知らせた。


新しく出頭する37人の中に、元スペイン王室長官ラファエル・スポットルノ氏の名前もあり、22万3900ユーロを使用した疑いがある。 また、元国鉄総裁ミゲル・コルシニ氏4万6千700ユーロを使用、元取締役会会長エンリケ・デ・ラ・トーレ32万700ユーロを使用。


アンドレウ裁判官は、27人のカハ・マドリード銀行とバンキア銀行の元重役たちは不公正経営と横領の疑いがあるとみている。 この件には、カハ・マドリード銀行元頭取ミゲル・ブレサ氏と、ロドリゴ・ラト氏、イルデフォンソ・サンチェス・バルコジ氏も嫌疑がかけられている。

ソース元

El juez Andreu cita a declarar a otros 37 exdirectivos que utilizaron las 'tarjetas black' 

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。