otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

2008年から2013年の間に医療関係者7千117人減 マドリード

|


医療労働組合(SAS)の情報によると、2008年に医療関係従事者が76,359人だったのに対し、2013年には7,117人減って69,242人になった。


このうち4,084人(19.42%)はデスクワーク等を行う、直接患者に接しない部門であった。

また、患者を受け入れるベッド数も2012年から現在まで337減っている。


国民党主導で行われている、マドリードの医療の民営化は、私立病院だけが恩恵を受けているとSASは指摘している。 


ソース元

La sanidad pública madrileña pierde camas y trabajadores 

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。