otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

ジョルディ・プジョールの長男ジョルディ・プジョール・フェラウソラ、タックスヘイブンの利用を否定、公共事業のコミッションも否定

|


2月23日、ジョルディ・プジョール元カタルーニャ州知事の汚職事件に関して、氏の長男ジョルディ・プジョール・フェラウソラ(ジョルディJr.)も証人喚問に出席。 タックスヘイブンを使った脱税を拒否。 また、公共事業の不正入札し、賄賂を受け取っていたことも全面的に拒否した。


ERCオリオル・アモロス氏がジョルディJr.の元恋人、ヴィクトリア・アルバレスがバッグに現金を詰め込み、アンドラにある銀行口座に入金したことに対する質問に、「私は彼女と3回アンドラに行った。 一度は現地で寝た。 他の二回は、言って帰ってきただけだ。 お金など持って行っていない。」と否定した。


海外に隠し持っていたとされる財産に関しては、「3月26日に裁判で証言することになっている。 ここでは具体的なことはしゃべらない。」と黙秘。


バンカ・カタラナ(元州知事の父親が頭取だったカタルーニャ銀行)を利用し、家族の財産を築いてきたことに関して、「この銀行は、家族の財産を築くための組織ではなかった。 国を築いていくための組織であった。」と回答。


またジョルディJr.は、氏の所有する会社の資産約90%はカタルーニャ州外で得たものであると発言。 

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。