otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

HSBCのCEOもスイス支店に多額の預金が存在。

|


先週2月28日にHSBCホールディングス・スイス支店が、マネーロンダリング、脱税ほう助等の不正行為があった疑いで検察の調べを受けた。 英紙ガーディアンによると、HSBCホールディングスCEOスチュアート・ガリバーはパナマの企業Worcester Equities Inc.の名前で、スイス支店の口座に約670万ユーロを保有しており、また、彼はスイス支店の顧客に対し、脱税のほう助を行っていたと報じた。


HSBCのCEOはロンドンに拠点を置いているにもかかわらず、住所は税務・法的な問題で香港になっている。 


ガリバー氏のスポークスマンによると、氏が2003年に香港からロンドンに戻ってきたときに、氏の弁護士が香港にて払うべき税金をすべて支払ったと語り、彼のスイスにある資金はロンドンの税務署に宣告してあると語った。



関連記事

HSBCホールディングス・スイス支店、検察の捜査を受ける。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。