otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペインで青少年保護法改正にゴーサイン

|


ソラヤ・サエンス・デ・サンタマリア副首相兼スポークスマン兼官房長官は、幼児及び青年保護法を改正すると語り、未成年者の権利と義務を保護する新しい枠組みを作成する。


新しい枠組みには、里親のケアや養子縁組の手続きの方法。 暴力、性的虐待の防止や、訴訟手続き時の未成年者の証言の権利などが盛り込まれる予定。


現在では3万5千人の未成年者が適切な扶養を受けておらず、そのうち1万3千400人が施設で保護されている。 今回の改革で、少なくとも3歳以下の幼児は受け入れ先の家族が施設に来なくてもいいようにしようと思う、と発表した。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。