otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

汚職事件首謀者元PP会計係11日間のスキー休暇

|


連邦最高裁判所裁判官パブロ・ルス氏は、元国民党(PP)の会計係で、汚職事件に関与していたルイス・バルセナスの11日間の休暇を許可した。


裁判官は、2月23日から3月5日の間、裁判所に出廷しなくても月曜日、水曜日、金曜日にビエリャ地方裁判所にFAX送ればよいとの許可をだした。 したがって、バルセナスはこの期間リゾート地でスキー楽しむことができる。



バルセナスは1月22日に家族から集められた20万ユーロで保釈金を支払い、保釈された。 しかし、彼のパスポートは剥奪され、出国が禁止され、また毎週月曜日、水曜日、金曜日にマドリードの高等裁判所に出頭しなければならない。


関連記事


バルセナス元国民党会計員、保釈金20万ユーロ

元PP会計係ルイス・バルセナスはこの水曜日、同党の不正献金に関与していたことを容認した。

前国民党(PP)会計係バルセナス氏、保釈金が支払われ保釈される方向

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。