otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

カタルーニャ・グラノイエス市、サバデイ銀行所有の住宅が空き家で罰金を課す。

|


カタルーニャ・グラノイエス市役所はレンタビダット・ペネデス社の所有する住宅物件が2年間空き家になっていたとし、1件につき5千ユーロの罰金を課すことを決定した。 レンタビダット・ペネデス社は現在サバデイ銀行に吸収合併された子会社なので、結果的にサバデイ銀行に支払い義務が生じる。


問題となった住宅物件は合計で4件。 1件につき5千ユーロの罰金なので、合計2万ユーロの罰金がサバデイ銀行に課せられる。


近年スペインでは強制立ち退きによるホームレスの問題が注目されている。 これを受け、カタルーニャ州の一部の市は、住宅物件を所有する金融機関に、なるべく空き家を市民に販売、提供するように要請している。


カタルーニャ憲章は市民の生活の保障をしているので、空き家を市民に提供するもしくは販売する努力を怠り、長期間保有することを禁じる法律もある。 


グラノイエス市は、今後これらの物件が空き家のまま残っていれば、さらなる罰金を課すとしている。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。