otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

マドリード地下鉄、内部文書で乗客を侮辱。

|

ヨーロッパプレスによると、マドリードの地下鉄公社で内部文書の中に乗客を侮辱する文言があったと伝えた。


文書には「ゲイ、乞食、ミュージシャン」などと書かれていた。 この文書とは、無賃乗車を行った場合などの交通反則告知書(いわゆる違反切符)の地下鉄側の控えなどに書かれていたとされる。


今回、スペイン労働総同盟(UGT)への内部告発により事件が発覚した。


公社事務局長テオ・ピニュエラス氏は、ヨーロッパプレスの取材に対し、「とても深刻な事件だ。 乗客の人権を著しく侵害するものだ。 この文書、文言を誰が書いたか徹底的に探し、追及していくつもりだ。」と語った。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。