otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

バイ・デ・ヘブロン病院、インフルエンザ患者通常より28%増

|


ヨーロッパプレスがバイ・デ・ヘブロン病院救急病棟責任者から得た情報によると、2015年1月24日あたりから流行し始め、先週日曜までには通常の28%の患者数となった。


責任者によると、「今年のウィルスは毒性も強く、また多くの患者でワクチンが効かなかった。」


現在救急病棟の人員を増やしているが、追い付かない状況だ。 今週の水曜日には、90人もの患者が病院の廊下に待機していた。 


「こんな状況は今までに見たことがなかった。」と語った。 


また、「病院のシステムの崩壊を防ぐためにも、まず最初にホームドクターに行ってください(どの病院に行かなければいけないか指示してくれる医師)。」と市民に要請した。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。