otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

企業競争力評議会(CEC)は2018年までに8%まで下がるだろうと予測。

|


この報告書によると、スペインの失業率が2014年では23.7%であったのが、4年後つまり2018年には8%まで下がるだろうと予測している。


また、アリエルタ氏は「現在失業中の若者の70%は初等教育の知識しかない。」とし、この8%まで下がるという予測は達成可能な目標値であり、そのカギを握るのは、「教育」であると語った。


さらに氏は、「スペインには35歳未満の若者の実に48%が”起業家になりたいが方法が分からない”という情報があり、これは将来のスペイン経済成長に重要なファクターだ。 この国の雇用レベルを上げること、そしてこの国のレベルを上げるため私たちは援助をしていかなければならない。」とし、「スペイン2018」に我々がすべきことを明記した、と締めくくった。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。