otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

カタルーニャ総合病院 脳腫瘍外科手術に最新技術

|

2月18日カタルーニャ総合病院が発表したところによると、悪性脳腫瘍の患者に対し術中蛍光診断または、光線力学的診断法(科学的ナビゲーションシステム)を採用することを発表した。



現在、約10万人に6人が悪性脳腫瘍により命を落としているが、この最新技術を使用すれば患者の生存率が大幅に上がる。


患者はまず、5-アミノレブリン酸(5-ALA)を手術の数時間前に服用する。 この物質は光増感剤で、動物体内で代謝される。 この化学物質を取り込んだ悪性腫瘍細胞は、400nmの波長の光を照射することで赤くひかり、どの部分に悪性腫瘍が残っているか術中でもわかる。 悪性腫瘍を除去しきれなかった場合、再発リスクが高くなるが、今回の最新技術はそのリスクを大幅に下げる。


現在のところ、カタルーニャ総合病院がこの術式のベンチマーク的な役割を担っており、今後さらに技術と設備の拡充を図る狙いだ。


悪性腫瘍の部分が赤く光っている



主要部分が取り除かれた。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。