otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

LFP オサスナ、エスパニョール、ベティスを訴える構え

|


スペイン地元紙ディアリオASによると、LFP(スペインプロリーグ機構)は前シーズン終盤に行われたエスパニョールとオサスナの試合で八百長があったと考えており、スペイン検察官反汚職局の協力と、同機構の調査で、スペイン・ナバラ州のサッカークラブチームCAオサスナに241万6611ユーロの使途不明金が発覚。 


LFPは反汚職局との協力により、訴えを起こすに十分な証拠が集まっていると考えている。


AS紙の情報によると、使途不明金241万6611ユーロのうち、90万ユーロが「エージェントの不動産」というタイトルで、クリスティーナ・バレンシアと、アルベルト・ノーヤ宛に送金されている。  他、144万ユーロがポルトガルにある、サッカー選手スカウト会社Flefieldに送金されている。(AS紙によると、実在しない会社) 最後に76,611ユーロが名字「ロペス」という人物に送金されている。

これらの情報により、LFPは八百長の疑惑で訴えを起こす構えである。 


スペイン現地時間火曜日の長い夜はこれだけではなかった。


ベティス所属選手アマヤとジョルディ・フィゲーラスがオサスナの幹部アンゲル・ビスカイと会い、ベティス対バヤドリッド戦でバヤドリッドを勝たせれば、2万50000ユーロを譲渡するとし、もしオサスナが降格しなければ、報奨金を上乗せすると持ち掛けていた疑いがある。


この件に関してアマヤ選手は「なぜそんなことを言うのかわからない。 それは嘘だ。 私はオサスナの幹部の誰とも会っていない。 全くのでたらめだ。 彼らが私を呼ぶ理由がない。 チームを売っていない。 なぜあなたたちとこんな話をしなければいけないのか分からない。」と全否定をしている。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。