otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

LFPはカンプ・ノウで歌われたクリスティアーノ・ロナルド選手を侮辱する応援歌に対して訴える。

|


スペインプロリーグ機構(LFP)は先週日曜日にカンプノウスタジアムで行われたバルセロナ、レバンテ戦で試合開始後65分頃にクリスティアーノ・ロナルド選手を侮辱する応援歌があったとし、スペインサッカー連盟(RFEF)に訴えた。


記録映像を検証していたLFPによると、南側のゴールに陣取っていたグループがFCバルセロナがゴール前に近づいた時に「酔っ払い! クリスティアーノは酔っ払い!」などとうたっていた模様。 身に着けていたマフラーや、横断幕などから、FCバルセロナの過激派応援団アルモガベラスであった模様。


関連記事

FCバルセロナのスタジアムで「クリスティアーノ・ロナウドは酔っ払い。」 LFPはバルサの処分を申し立てる可能性。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。