otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

FCバルセロナ、2015年から2016年のテレビ放映権をテレフォニカに約1億4000万ユーロで売却

|


FCバルセロナ理事会は、火曜日の定例会議で2015年から2016年の間のテレビ放映権をテレフォニカ・コンテニード社に売却したと発表した。 2008年から契約をしていたメディアプロ社から乗り換えた形だ。


理事会はさらに、クラブチームの専門チャンネルである、バルサTVの運営もテレフォニカ社が引き継ぐと好評。 また、テレフォニカ社の子会社である、モビスター社と、VIVOを使い、南アメリカに進出する。 2016年-2017年シーズンより、放映権の一括管理が行われる予定であるが、FCバルセロナがテレフォニカ社と契約したことは、メディアプロ社とテレフォニカ社の放映権をめぐる戦いの序曲である。


テレフォニカ社の子会社で携帯通信業が主体のモビスターが新たにスポンサーに加わった。 これにより、向こう3シーズンの間、FCバルセロナのスタジアム、カンプノウで行われる試合で無料のWIFIが提供される予定だ。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。