otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

ラホイ首相、カタルーニャ州知事を国際送電線の竣工式典に招待するも、知事から返事無し。

|

今週金曜日2月20日にフランスとスペインを結ぶ世界最長の地下送電施設の竣工式が行われる予定。 その席で、ラホイ首相はカタルーニャ州知事のアルトゥール・マスと、フランス首相マヌニュエル・ヴァルスを昼食会に招待している。 


昨年の非公式なカタルーニャ州独立を問う住民投票以来、ラホイ首相とマス知事の関係は悪化しているが、今回ラホイが差しのべた手をはねのけるのか注目が集まっている。 現在のところマス知事からの返事は公式にはなされていない。


政府執行部は今回の国際事業を重要なプロジェクトと見ており、地下の送電設備で世界最長となり、最大2,800メガワットの相互接続容量を持つとされる。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。