otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

FCバルセロナのスタジアムで「クリスティアーノ・ロナウドは酔っ払い。」 LFPはバルサの処分を申し立てる可能性。

|


FCバルセロナのスタジアム、カンプ・ノウで、バルサファンの席の誰かが大声で「クリスティアーノ・ロナルドは酔っ払い。」と叫んだという報告を受けたスペインプロリーグ機構(LFP)は、事実関係を調査し、場合によっては反暴力委員会に対し苦情を申し立てる可能性がでてきた。


現在LFPは対象の試合のビデオを検証しており、反暴力委員会に提出する。 毎週末LFPはスタジアムの一階席と二階席の情報を反暴力委員会に提出している。


しかし、LFPがバルサに注意したのは今回が初めてではない。 昨日行われたエスパニョールに対して行われた応援歌に対して訴えた。 またこれに対しエスパニョールもメッシ選手に対し「メッシ、メッシ、メッシ、アブノーマル。」と応え、これもまたLFPにより訴えられた。


LFPはこれらの汚い言葉を使う応援歌が暴力につながっていくとして、取り締まっていく姿勢だ。


「クリスティアーノ・ロナルドは酔っ払い。」という叫び声に対する処分は現地時間で火曜日以降に決定する予定。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。