otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

カタルーニャ州政府は、BCNワールド建設予定地の隣に3,640戸の居住地を建設するとラ・カイシャ銀行と同意した。

|


スペイン全国紙EL Paisの情報によると、カタルーニャ州政府は、ラ・カイシャ銀行とBCNワールド建設予定地に隣接する土地約150ヘクタールに3,640戸の居住地を建設すると合意した。


タラゴナにあるこの土地の周辺には、すでにヨーロッパでも有名なテーマパークのポルト・アベントゥーラがある。 さらにこのテーマパークは、現在フェラーリをテーマにした遊園地を建設する予定だ。 BCNワールドのプロジェクトは、現在あるゴルフ場、メディテラニアン・ビーチ等を活かし、大規模なショッピングセンターやエンターテインメント施設を建設する。


今回ラ・カイシャ銀行との間に結ばれた同意は、対象となる土地を投機目的で他社が購入しないように州政府がコントロールするもの。 2月27日に対象となる土地が居住地を建設するのに適しているか、専門家の調査結果が発表される。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。