otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

ラホイ首相、コルドバで講演会

|


国民党(PP)党首であり、スペイン国首相のラホイは、今年5月に行われる予定の地方選挙を見越し、2月14日土曜日にコルドバで講演会を行った。  内容は、2012年から現在までPP主導で行われた経済発展の貢献を市民に再確認させるものであった。


講演の中で首相は、「3年前、我々は非常に悪い状況へと進んで行っていた。 そして、非常に困難な状況を生き抜いてきた。 スペインは経済破綻の寸前まで行き、EUからの救済措置を講じられる寸前であった。 経済は長い間マイナス成長であった。 6年以上の間、失業率は急激に上がっていった。 多くの企業は投資をできる状況ではなかった。 しかし現在、我々はその最大の危機を克服した。 スペイン人はこの事を誇りに思うべきだ。」と発言。


「先日発表されたEUのデータによると、2014年最後の4半期において、ドイツとスペインだけが経済成長を成し遂げた。 2012年に誰がこの事を予想できただろうか。 また、スペインはEU内において雇用増加が最大であった。 これらを鑑みて、2015年スペインはEU内で経済が一番成長する国になるだろう。  これからも同じように働き、同じ政治のもとで経済成長していこう。」と付け加えた。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。