otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

ラ・マレア・ブランカ、C型肝炎の治療薬を求める抗議デモ。

|


医療関係の抗議活動ラ・マレア・ブランカが、2月15日日曜日にマドリードでC型肝炎の新治療薬の普及を求めるため、12時から抗議デモを行う。


マドリードの町内会団体によると、政治家達は市民の保健よりも、まず政治活動が第一で、医療に対する取り組みは二の次になっていると語った。


同活動を指揮する医療関係の市民団体Mesa en Defensa de la Sanidad Publica de Madrid(MEDSAP)は、同抗議デモで、C型肝炎新治療薬の普及を求めるのと同時に、献血で得られた血液が、私立病院にばかり提供され、公立病院を利用する100万人規模の患者に十分に血液がいきとどかない現状の打破も求める。


関連記事

肝炎患者が病院に立てこもり。 新薬を求める。

C型肝炎患者団体、次の土曜日にマドリードでデモ

医療品工業協会理事会はC型肝炎に関する国内の戦略プランに協力する

C型肝炎患者団体は、次の月曜日に前保健大臣アナ・マトに対して訴訟を起こすと発表した。

公衆衛生保護協会(La Asociación para la Defensa de la Sanidad Pública)は、C型肝炎専門家委員会の独立性に疑問を呈す

スペインC型肝炎患者団体、欧州議会でプレゼン

「C型肝炎治療薬ソバルディ(ソフォスブビル)の価格は下がるだろう。」C型肝炎治療薬を開発したレイモンド・スナチ氏(C,Raymond Schinazi)

ラ・マレア・ブランカ、C型肝炎の治療薬を求める抗議デモ。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。