otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

レアル・マドリード本拠地サンティアゴ・ベルナベウスタジアムの改築中止。

|


マドリード高等裁判所は、2012年11月15日に承認されていたマドリードの都市改造計画を撤回した。 これにより、この都市改造計画の一環であったレアル・マドリードの本拠地スタジアム、サンティアゴ・ベルナベウスタジアムの改築も中止となった。


2012年11月15日、マドリード自治政府は市の都市改造計画を承認。 歩道の幅を広くする事や、公園を増設する等を計画、その際にレアル・マドリードのスタジアム、サンティアゴ・ベルナベウも改築する予定であった。


しかし、今回の高等裁判所の決定を受け、改築を中止。 クラブチームは、今後マドリード自治政府と協力し、新たなプランを練り直す予定。 また、最高裁への上告も視野に入れている。


公式プロモーションビデオ

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。