otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

「C型肝炎治療薬ソバルディ(ソフォスブビル)の価格は下がるだろう。」C型肝炎治療薬を開発したレイモンド・スナチ氏(C,Raymond Schinazi)

|


カタルーニャラジオが伝えた情報によると、C型肝炎の治療薬ソバルディ(ソフォスブビル)の価格は下がるだろう、と治療薬開発者であるレイモンド氏は語った。


氏が伝えるところによると、この治療薬に対する需要は非常に高いとのこと。 しかしながら、各政府はエイズなどの治療薬の現状を見ればわかるように、完治する薬を販売する気がないと指摘。 慢性疾患により治療薬を毎年何万ユーロも使ってくれるほうが、既得権益が入る。 


また、このC型肝炎時良薬を投与された患者は、その後薬を服用する必要がない。 そのため、この薬の開発費用を回収し、利益を出すためには2万ユーロという破格の値段を付けざる負えない。


現在化学者たちは、B型肝炎の治療薬を開発中、5年以内に結果を出す予定。 また、エイズに関しては10年以内とのこと。


関連記事

肝炎患者が病院に立てこもり。 新薬を求める。


C型肝炎患者団体、次の土曜日にマドリードでデモ


医療品工業協会理事会はC型肝炎に関する国内の戦略プランに協力する


C型肝炎患者団体は、次の月曜日に前保健大臣アナ・マトに対して訴訟を起こすと発表した。


公衆衛生保護協会(La Asociación para la Defensa de la Sanidad Pública)は、C型肝炎専門家委員会の独立性に疑問を呈す


スペインC型肝炎患者団体、欧州議会でプレゼン

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。