otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペインの若者33%が恋人に対し、時間を強要。

|


保健社会政策・男女共生省の協力で社会学研究所が行ったスペイン人の若者15歳から29歳2500人を対象にした研究によると、33%の若者が彼らのパートナーに対し、家族と会うこと、友人たちと会うこと、勉強をすること、仕事をすること等の”スケジュール”を制限することを「避けられない」もしくは「やることもある」と答えた。


またその他の項目では

いかなる暴力行為は受け入れられない 97%

身体的暴力行為、性的暴行は受け入れられない 93%

言葉の暴力は受け入れられない 66%


若者の3分の1が暴力行為を体験したとした。 そのうち、42%の女の子が彼女らの友人が暴力行為を受けたと答え、26%が隣人が受けたと答えた。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。