otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペインの空軍基地で戦闘機墜落

|

スペイン、アルバセテ、ロス・リャノス空軍基地でギリシャ空軍F16戦闘機墜落、10人死亡、21人が怪我。


スペイン26日月曜日、15時16分NATO(北大西洋条約機構)の戦術的リーダー養成プログラムの訓練中、ギリシャ空軍のF16が離陸に失敗、墜落した。 その後、駐機場に待機していた航空機を巻き込んだ。

事故を起こした戦闘機は二人乗りのギリシャ軍所属F16戦闘機で、ギリシャ出身の機長二人が搭乗していた。  墜落の瞬間、キャノピーは外れたが、緊急脱出装置が作動したのは見られなかった。


今回の墜落事故でフランス軍人8名が死亡が確認された。 また、5人が重態でひどい火傷を負っており、マドリードのラ・パス病院に収容された。


当該機が墜落し、火災を誘発。 他の5機の航空機を巻き込んだ。 イタリア軍のAMX2機,フランス軍のアルファジェット2機、フランス軍のミラージュ20001機。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。