otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

本日1月27日火曜日朝9時30分、元カタルーニャ州知事ジョルディ・プジョルとその家族が裁判所に出頭。

|

27日火曜日早朝、元カタルーニャ州知事ジョルディ・プジョルと、彼の妻、そして彼らの3人の息子達が、海外に30年以上隠し持っていたと疑われている隠し財産の件で、朝10時から証言するため、9時半に裁判所に出頭した。


バルセロナ裁判所命令31担当裁判官ベアトリス・バルファゴンは、プジョルとその家族を汚職、公的資金横領などの疑いがかけられている隠し財産の証言をとるため、裁判所に召喚命令を出していた。


海外にある隠し財産の件に関して、プジョル氏は彼の父からの遺産を相続したものであると語っているが、裁判官はこれに疑いをかけている。 公的な文章が一切ないためである。


関連記事

裁判所はカタルーニャの父プジョル氏の家族を召喚

プジョール氏の父親は、遺書に外国に隠してあった遺産に関して言及していなかった。

検察はプジョールの隠し財産の出所をしっかり調査するべきだと見ている。





コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。