otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

AENA一部の株、今日から一般公開

|


スペイン空港・航空管制公団(AENA)の公開株の第一段階、全体の28%が一般に公開され、初日に380万株が取り引きされ取引額が2億ユーロに上った。


月曜日からAENAの株が公開され、最低1500ユーロから最大で20万ユーロで取引される。 公団の従業員達は既に38万1818株分を予約している。


公団関係者は月曜日、この「ロードショー」(投資家達への会見)のためロンドンに向かった。 評価額は高く、一株当たり43ユーロから55ユーロである。


月曜日早朝、AENA社長ホセ・マヌエル・バルガス氏はマドリードで2週間ほどこの「ロードショー」を行う予定で、欧州、米国の機関投資家達にとって重要な同公団の一部株の一般公開に関する説明会が行われる。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。