otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

ノース事件に対するクリスティーナ公女の証言を隠し撮りしたとして、二人の弁護士を起訴

|

パルマ裁判所命令11の担当裁判官マヌエル・ペナルバ氏は、2014年2月8日、クリスティーナ公女がノース事件に関して証言を行っていた時、当時裁判官のホセ・カストロ氏が撮影禁止とした室内で、ビデオを隠し撮りし、インターネットに故意に流出させたとして、法廷侮辱罪で起訴する構えだ。


二人の名前は、フランシスコ・ホセ・カルバハルと、マリア・デル・カルメン・ヒメネスで、当日ノース事件に関してクリスティーナ公女の証言を公聴していた。 映像と音声の質は悪く、数分の長さであった。 同日インターネットのポータルサイトに映像が流れ、スペイン全国紙エル・ムンドによって発見される。 科学捜査チームが操作を開始し、だれがどのように盗撮したかを検証し始めた。 当日は20人ほどの公聴人がいたという。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。