otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

救急病棟が満員の時、人間の尊厳とプライバシーが守られてない 市民オンブズマン

|


市民オンブズマンが月曜日に報告した「国内の救急病棟;患者の人権と権利」によると、救急病棟が満員の時、患者の尊厳とプライバシーが守られていないという苦情が相次いでいる。 今回の報告書はカタルーニャのSíndic de Greuges、Valedor do Pobo(ガリシア),Diputado del Comun(カナリアス)、Ararteko(バスク)、El Justicia de Aragon(アラゴン)、Comunitat Valenciana(バレンシア)、Procurador del Comun de Castilla y leon(カスティーリャ・レオン)、Defensor del Pueblo de Navarra(ナバラ)の協力により作成された。


代表のソレダ・ベセリル女史によると、いずれの自治州でも医療関係者と患者の間で、問題が発生しており、廊下に患者衣もしくは検査衣を着せられたまま待機させられ、多くの人の目につく状況や、亡くなった遺体を他人に見えるところに放置したりと“あり得ない”事が起こっているとのこと。 これらの状況は主に救急患者が飽和状態にある時に起こり、病院のベットの数の不足を報告している。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。