otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

ラホイ首相、アスナール元首相を前に、「では聞くが、国民党が与党になってから、スペインは変わったか、変わらなかったか。」

|

rajoy752738_1.jpg


国民党PPはこの日曜日に党大会を行い、ラホイ首相はアスナール元首相を前に、この三年間とても難しい時期であった、構造改革は進んでいると語った。


改革は現実的になり、今後はこの改革を深くまで推し進める必要があると語り、「では聞くが、国民党が与党になってから、スペインは変わったか、変わらなかったか。」と付け加えた。 これは、アスナール元首相がラホイ首相の前に講演を行い、国民党に対して批判したことを受けてである。 アスナール元首相は講演にて「落ち着いて考えてみてください、PPは本当に選挙に勝つのでしょうか。」「PPの影響はどこにあるのでしょうか。」と批判した。


ラホイ首相はさらに「この大変であった3年間の後、スペインは多くの雇用を生み出した。 これに対し誰かスペインは変わっていないといえる人はいるのでしょうか。」と、党の政策による雇用創出の実績を強調した。


ラホイ首相は先日保釈されたルイス・バルセナス前国民党会計係に関しては触れなかった。

「我々の党の名誉を傷つける行為は許されない、我々は汚職に対する特別な法律をすでに発効している。」と汚職事件に対する首相の態度を示した。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。