otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

救急患者が自宅に戻るまで要する時間、8時間 Catalunya Press

|

CatalunyaPress-救急で搬送された患者が病院で診察を受け、治療を行い、自宅に戻るまでの時間は約8時間。


このようにCatalunyaPressに語ったのは、80歳以上であった老人が13時に病院から退院許可をもらってから老人ホームに戻るのに夜10時を回っていたという。 カタルーニャ州の医療セクターでこのような事が起こったのは初めてだった。

しかしながら、カタルーニャ州保健大臣ボイ・ルイス氏は、2015年のカタルーニャ州における医療サービスは過去最高によくなると、州会議で語っていた。


また、別の80歳女性は、簡単な手術が行われた後退院許可を受けた。 当然通常の行動(歩行等)が困難であるということで、彼女の面倒を見ていた娘が看護師に車いすを使って老人ホームまで搬送を要求した。 看護師は8時間から9時間待たなければいけないと伝えたという。  プライベート救急車であれば、すぐに老人ホームまで搬送することが出来る。 この家族はその使用料をはらうことが出来たが、すべての人が払えるわけではないと、この家族は語った。


看護師や医師らは、以前は長くても2時間くらいの待ち時間であったが、昨今の予算削減などの影響により、8時間から9時間の待ち時間になってしまっているとカタルーニャの保健相を非難した。 また、救急車の部門では、これが今できる事であり、今に患者達は自分達の車を利用して救急病院に来るしかなくなるだろうと語った。


関連記事

クリスマスの日、男性が心臓発作で死亡。 年中無休の病院で休業、他の病院に搬送中だった。

ジョアンXXⅢ血行力学部門を24時間年中無休へ。

カタルーニャ州保健機構ICS重役、相次いで辞令 公表はされず

看護師会の2014年度アンケート


コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。