otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

マリアーノ・ラホイ首相、スペイン経済は回復基調

|

ラホイ首相は、1月21日水曜日スペイン経済は回復へのターニングポイントを迎えたと語った。 これに対し、左翼連合(IU-ICV-CHA)の経済担当スポークスマンは、首相のプロパガンダで、我々はバブルを見ているだけで、実経済は依然危機状況にあると批判した。


下院議会で、左翼連合の経済担当スポークスマンアルベルト・ガルソン氏は、ラホイ首相と対照的な意見を持っており、現在スペイン国民は多くの予算削減により苦しんでいると語った。


しかしながらラホイ首相は、2012年はとても”大変な年”であったと振り返り、大幅な歳出引き締めにより、特に年金や失業手当の分野で国民は多大な困難な目に遭ったが、EUからの援助を受けることなく、この難しい時期を乗り越えてくれた、と語った。



関連記事

2015年スペインは2%の経済成長をすると予想。

ラホイ首相 「様々な観点から検証してみると、経済危機はもう過去のものであるということができる。」

国民の財布の紐が緩むまで経済危機が脱したとは言えない。 ラホイ首相

スペイン外食産業、この6年で初めて成長に転じる。

失業者の減少率が1998年以降最大に


コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。